アクションECO-22V

「アクションECO-22V」運動

当社グループは、2003年4月より「E:環境エンジニアリング」「C:環境コミュニケーション」「O:オリジナリティ」の視点で「アクションECO-21」運動を推進してきました。2018年度からは5カ年計画で「アクションECO-22V」運動を実施しています。
また、2020年度に、温室効果ガス排出量の削減目標を2017年度比5%削減に見直し、新たに「再生可能エネルギーの導入の推進」、「水使用量原単位の目標値」、「生物多様性保全活動を推進」、「製品含有化学物質管理を強化」を追加しました。

環境ビジョン

環境負荷とリスクを低減させ、資源の効率的な使用を図ることで持続可能な事業経営を確立するとともに、環境に配慮した製品を提供し、顧客の環境負荷を低減することで循環型社会の実現に向け責務を果たす。

(策定:2003年3月)

Engineering / Environmental Engineering

Engineering /
環境エンジニアリング

環境負荷を効率的に減らし、資源を有効に活用するためには、モノづくりの基本に立ち返り、エンジニアリングすることが最も重要と考えています。このことは利益の創出にもつながり、地球環境保全と持続可能な事業発展の同時実現を果たす原動力と位置づけています。

Communication /
環境コミュニケーション

有害物質の使用全廃や削減に対する世の中の動きに呼応し、有害物質を持ち込まない・使わない・持ち出さないことを基本に情報を積極的に開示するとともに、グループ内でのコミュニケーションを図り、環境汚染防止やグリーン調達に取り組みます。

Originality /
創意工夫

独自技術によるエコ製品やサービスの提供や工場での改善活動など、創意工夫でオリジナリティを発揮して、環境問題の克服にチャレンジします。

「アクションECO-22V」の目標

●活動期間:2018~2022年度

「アクションECO-22V」の目標

過去の実績

過去の実績