多孔質金属体(セルメット®)

多孔質金属体(セルメット®)

ジャンプ:

セルメット®(Celmet™)とは

セルメット®は、その骨格が3次元網目構造の多孔質金属体です。 主力ニッケル(Ni)だけでなく、合金系としてNi-Cr、Ni-Snのラインナップを有し、世界最大の生産能力で電池用を中心に量産しています。 また、金属粉末や金属繊維を焼結した多孔体に比べて、柔軟性(弾性)があり、最大98%の遥かに大きな気孔率を持っています。

さらに、セルメット®は、孔径が0.45~3.2mmの間で8水準を有し、切断やプレスなどにより、さまざまな形状に加工できます。これらユニークな特徴を生かし、電池用途では、活物質の充填性・保持性・集電性の向上が見込め、ハイブリッド自動車用ニッケル水素電池の集電体に採用され続けています。

また今後、期待される「水素社会」において、定置用や車載用等の燃料電池の構成部材や水素発生装 置の電極材など、新規分野においても幅広い適用が見込まれており、引き続き、地球環境・エネルギー領域にて大きく貢献していきます。

セルメット・問い合わせ

さらに詳しく!

多孔質金属体については、以下のボタンから問い合わせできます。